top of page

ドッグベストセメント治療とは?

dogbest.webp

従来の歯科治療では、次のような状態の場合は「抜髄」といって神経を除去する治療を行っていました。

  • 虫歯が「大きく進行」している場合

  • 虫歯が「神経近くまで進行」してる場合

  • 虫歯が「神経に接している」場合

 

歯の神経を除去するとどうなると思いますか?

歯の神経は、歯に栄養を与える役割を担っているため、それがなくなるため、歯はもろくなります。
もろくなると、歯が「割れたり折れたり」することもあり、抜歯に近づきます。

そのため当院では「歯の神経を残す」ことを重要視しています。

具体的には、「ドックスベストセメント」や「MTAセメント」と呼ばれる材料を活用します。

※すべてのケースで適応できるわけではありません。


(3Mix-MP法を進化させたものになります)

ドックベストセメント

ドックスベストセメントに含まれる、ミネラル成分によって、虫歯菌を無菌化する治療法です。
従来の「大きく削る」「神経を取る」治療とは一線を画す画期的な治療法になります。

次のような特徴があります。

  • 歯の神経を除去せずに治療ができる

  • 通常よりも歯を削る量は抑えられる

  • 痛みが生じる治療ではない

  • 2~3回の来院で終了

  • 無菌化するため虫歯の再発リスクが下がる

 

次のような方にお勧めです

  • 詰め物が取れてしまい、中が虫歯になっている

  • 今まで何度も虫歯治療を繰り返している

  • 虫歯の治療をした後に痛み出したことがある

  • 神経を取った歯が抜歯になっている

  • できるだけ歯を削りたくない

  • できるだけ神経を取りたくない

  • できるだけ麻酔をしたくない

 

ドックスベストセメントと一般的な治療との「違い」

 
 

虫歯で黒く変色・やわらかい部分をドリルなどで完全に取り除きます。その上で樹脂やセラミック・金属などで修復していきます。その際、神経にまで達する虫歯だった場合神経を除去する処置を行います。

​神経を除去するので歯がもろくなり、歯の寿命が著しく縮まります


 

虫歯をある程度除去したのちドッグベストセメントを貼付します。虫歯がセメントによって完全に殺菌されるので神経を除去せずに虫歯処置が完了します。またセメントには永続的な薬効があるので、象牙細管内に潜んだ虫歯菌も浸透殺菌します。
ドックベストセメントを詰める際にどうしても残ってしまう隙間などは、歯の自己回復力でもとに戻ります。

ドックベストセメントの「メリット」

  • 神経を取らなくてはならない大きな虫歯でも神経をとらずに処置できる

  • 神経に達していない中程度の虫歯でも削る量が減る

  • お子様の若い永久歯の虫歯に最適(神経を残せる)

  • 治療回数が少ない(神経を取る治療は時間がかかります)

  • 削る量が減るため一般的に歯の寿命が延びる

  • 天然成分であるため、お薬にアレルギーがある方でも安心して使用できる

  • ドックベストセメントを詰めた部分は永続的な殺菌効果が期待できる

 

ドックベストセメントの「デメリット」

  • 保険適用ではなく自費治療となる(15000円)

  • 虫歯になっている部位や虫歯の量・状態によっては適用できない場合がある

  • 今後虫歯にならないことを保証するものではない

  • ​激痛の出ている歯には適応できない

  • 経過観察が必要となる

ドッグベストセメントの流れ

お気軽にお問い合わせ・ご予約ください

診療時間 9:00~13:30 / 14:30~19:00 ※日・水・祝休診

header_btn_contact.webp
bottom of page